Since 27/04/2013 


青葉山 数理生物コロキウム
Aoba-yama Colloquium for Mathematical Biology



本コロキウムは,生命・社会現象と数理の関連するテーマについて,参加者が自由に疑問やアイデアなどを出し合い,まったりと議論を「楽しむ」ための機会を,日常から切り離した特別な時間として提供するために開催します。そのための出発点・主題を提供する講演や企画をプログラムの主体として,その主体と参加者の相互作用から湧き出る問題について,参加者の間でつらつらと自由に議論することによって,学術的な刺激を享受できればと思います。



 開催日程・内容

2020年 令和2年1月20日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【話題提供】(by Dipo Aldila, Universitas Indonesia
"T.B.A."

2019年 令和元年12月23日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【論文紹介】(by Elza F. Sofia, Tohoku University

令和元年12月9日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【論文紹介】(by Ishfaq Ahmad, Tohoku University

令和元年11月25日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【論文紹介】(by Elza F. Sofia, Tohoku University

令和元年11月11日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【論文紹介】(by Ishfaq Ahmad, Tohoku University

令和元年10月28日(月)
13:30--15:30
情報科学研究科6F小講義室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University

令和元年10月7日(月)
& 10月8日(火)
 [両日午後]

情報科学研究科2F
207中講義室


poster.pdf

 WORKSHOP “Mathematical modeling and models of population dynamics in biological and social systems”
・企画趣旨:生物や社会のシステムに現れる個体群動態(population dynamics)に関わる数理モデリングや数理モデル解析についての学際研究のクロスオーバーを図る集会として,提供される話題を基に,その先の発展について意見交換・議論を行います。

・共催:東北大学大学院情報科学研究科 純粋・応用数学研究センター
・後援:東北大学大学院情報科学研究科

・話題提供:program.pdf
10月7日(月)13:00--17:00
SESSION 1: Merlin Köhnke & Horst Malchow (Osnabrück University, Germany)
"Temporal, spatial and spatio-temporal patterns in reaction-diffusion models of bioinvasions and their control"   abstract 1.pdf  abstract 2.pdf
SESSION 2: 大澤 実 & 赤松 隆 (東北大学大学院工学研究科・情報科学研究科)
"Equilibrium refinement for a model of non-monocentric internal structures of cities: A potential game approach"   reference.pdf
SESSION 3: 近藤倫生 (東北大学大学院生命科学研究科)
"Ecological community: linking structure to dynamics"   abstract.pdf
10月8日(火)12:20--13:45
"LUNCHEON MEETING" (with meals of no charge; pre-registration recommended)
10月8日(火)14:00--17:00
SESSION 4: 高田壮則 (北海道大学名誉教授)
"Semelparity analysis using randomly generated matrix models"   abstract.pdf
SESSION 5: 藤原直哉 (東北大学大学院情報科学研究科)
"Tracking spreading events through human mobility data and networks"   abstract.pdf
SESSION 6: Emmanuel Dansu & 瀬野裕美 (東北大学大学院情報科学研究科)
"Population dynamics driven by interactions on the internet"   abstract.pdf

(このワークショップの公用語は英語です)

平成31年2月12日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【研究発表】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
"A model for epidemic dynamics in a community with visitor subpopulation"
With a five dimensional system of ordinary differential equations based on the SIR and SIS models, we consider the dynamics of epidemics in a community which consists of residents and short-stay visitors. Taking different viewpoints to consider public health policies to control the disease, we derive different basic reproduction numbers and clarify their common/different mathematical natures, so as to understand their meanings in the dynamics of the epidemic. From our analyses, the short-stay visitor subpopulation could become significant in determining the fate of epidemics in the community. Further, our arguments demonstrate that it is necessary to choose one of the variants of basic reproduction number to appropriately use it for the public health policy.

平成31年1月15, 29日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室(1/15),711演習室(1/29)

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Maruvka, Y.E., Shnerb, N.M., Kessler, D.A., Universal features of surname distribution in a subsample of a growing population. Journal of Theoretical Biology, 262(2): 245--256 (2010)

平成31年1月8日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(continued from the past two in the last December, by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Brauer, F., Castillo-Chavez, C., Mubayi, A., Towers, S., Some models for epidemics of vector-transmitted diseases. Infectious Disease Modelling, 1(1): 79--87 (2016)

2018年 平成30年12月25日(火)
13:00--16:00
情報科学研究科6F小講義室

poster.pdf

 WORKSHOP
・企画趣旨:感染症伝染ダイナミクスにおける人間の行動の影響に関する数理モデリングについて, 提供された話題を基に,その先の発展について意見交換・議論を行います。
・話題提供:
Dipo Aldila (Universitas Indonesia)
"Mathematical analysis on the bias of dengue infection process caused by hospitalization"   abstract.pdf
Emmanuel J. Dansu (Tohoku University)
"A model for epidemic dynamics in a community with visitor subpopulation"   abstract.pdf
Hiromi Seno (Tohoku University)
"A mathematical consideration on the contribution of city structure to the epidemic dynamics"   abstract.pdf

(話題提供は英語ですが,意見交換・議論については,日本語も可です)

平成30年12月11, 18日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Brauer, F., Castillo-Chavez, C., Mubayi, A., Towers, S., Some models for epidemics of vector-transmitted diseases. Infectious Disease Modelling, 1(1): 79--87 (2016)

平成30年12月4日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Grosjean, N., Huillet, T., On simple age-structured population models. Applied Mathematical Modelling, 41: 68--82 (2017)

平成30年11月29日(木)
14:00--16:00
情報科学研究科 710演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Askitas, N., Selfish altruism, fierce cooperation and the predator. Journal of Biological Dynamics, 12(1): 471--485 (2018)

平成30年11月20日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Siero, E., Nonlocal grazing in patterned ecosystems. Journal of Theoretical Biology, 436: 64--71 (2018)

平成30年11月15日(木)
14:00--16:00
情報科学研究科 710演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Hu, H., Nigmatulina, K., Eckhoff, P., The scaling of contact rates with population density for the infectious disease models. Mathematical Biosciences, 244(2): 125--134 (2013)

平成30年11月6日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Bashkirtseva, I., Ryashko, L., Stochastic sensitivity analysis of noise-induced extinction in the Ricker model with delay and Allee effect. Bulletin of Mathematical Biology, 80(6): 1596--1614 (2018)

平成30年10月30日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Chitnis, N., Schapira, A., Schindler, C., Penny, M.A., Smith, T.A., Mathematical analysis to prioritise strategies for malaria elimination. Journal of Theoretical Biology, 455: 118--130 (2018)

平成30年10月16, 23日(火)
14:00--16:00
情報科学研究科 609演習室

 【論文紹介】(by Emmanuel J. Dansu, Tohoku University
Rasmussen, M., Hastings, A., Smith, M., Agusto, F., Chen-Charpentier, B., Hoffman, F., Jiang, J., Todd-Brown, K., Wang, Y., Wang, Y., Luo, Y., Transit times and mean ages for nonautonomous and autonomous compartmental systems. Journal of Mathematical Biology, 73(6--7): 1379--1398 (2016)

2017年 平成29年11月14日(火)
& 11月17日(金)
情報科学研究科6F小講義室+711演習室

poster.pdf


 WORKSHOP
・企画趣旨:感染症伝染ダイナミクスに対する数理モデルにおける制御理論の応用に関する数理モデリングについて, 提供された話題を基に,その先の発展について意見交換・議論を行います。
・話題提供:
11月14日(火)10:00--14:00 @6F小講義室
Dipo Aldila (Universitas Indonesia)
"Analyzing MERS Disease Control Strategy Through Optimal Control Problem"   abstract.pdf
Emmanuel J. Dansu (Tohoku University)
"Optimal Control Application in The Antiretroviral Treatment of HIV Patients"   abstract.pdf
11月17日(金)14:00--17:00 @711演習室
Dipo Aldila (Universitas Indonesia)
"Understanding The Seasonality of Dengue Disease Incidences From Empirical Data"   abstract.pdf
Hiromi Seno (Tohoku University)
"An SIR Modeling with The Pathogen Population Dynamics of Disease Transmission"   abstract.pdf

(話題提供は英語ですが,意見交換・議論については,日本語も可です)

2013年 平成25年8月23日(金)
〜8月24日(土)
情報科学研究科6F小講義室


 【輪講】小松勇作著「數理生物學概論」中山書店,339pp.,1950年12月.(書誌ID= TT20347895,NCID=BN09510045)  → 序言・目次 .pdf

・企画趣旨:数理生物学の創発となった古書の内容をイッキ輪講によって顧みることで現代の視点を省みる機会をコロキウムの主体として提供します。
・プログラム:8月23日(金)10:00--17:00 第 I 章 生物の增殖/第 II 章 遺傳/第 III 章 細胞に於ける擴散現象
       8月24日(土)10:00--15:00 第 IV 章 神經の興奮とその傳導/第 V 章 運動器と循環器の力學,その他
・輪講分担者予定:高田壮則(北海道大)穴澤正宏(東北工大)鈴木香奈子(茨城大)時田恵一郎(名古屋大)作村諭一(愛知県立大)山田達也(奈良先端大)谷内茂雄(京都大)細田一史(大阪大)齋藤保久(島根大)瀬野裕美(東北大)
(備考:輪講文献の入手等については瀬野(東北大・院・情報科学)までお問い合わせください)



・参加に関する参加費・事前登録は原則ありません。(一部例外の場合もありえます)
・専門分野に関わらず参加を希望される方すべてを歓迎致します。
・オブザーバー参加,飛び込み参加,一部のみの参加についても自由です。
・お問い合わせは,瀬野(東北大・院・情報科学)までご遠慮なくご連絡ください。

 企画・運営責任者

 瀬野裕美(東北大・院・情報科学)



Back to the Home Page of SENO