数学教室のご案内

数学教室図書室利用規則

平成24年4月11日教室会議承認

1. 図書室の利用資格

本学の教職員、学生 (大学院生・学部学生) ならびに図書室長が特に許可した者。

2. 開室時間

10 : 00-12:00, 13:00-16 : 30

3. 閉室日

土曜日、日曜日、国民の祝日、国民の休日、振替休日、本学創立記念日 (6月22日)、年末年始、図書室長が必要と認めた日。

4. 図書室内閲覧

図書室への入室に際して、教職員は身分証、学生は学生証、その他の者は本学付属図書館工学分館が発行した図書館利用カードを携帯し、関係職員の請求に応じてこれを提示しなければならない。図書室内において資料の閲覧は自由である。

5. 室外貸出

5.1. 貸出対象図書

禁帯出指定のない一般の単行本は室外貸出しができる。(学術雑誌は、製本・未製本ともに貸出禁止とする。)

5.2. 貸出冊数と貸出期間
身分 貸出冊数 貸出期間
(A) 本学教職員 20冊 90日
(B) 本学名誉教授
10冊 90日
萩友会終身会員証をもつ者
JSPSフェローなど
(C) 本学大学院生・研究生 10冊 90日
(D) 本学学部学生・研究生 3冊 14日
(E) その他の利用資格のある者
学外:学外で研究職にある者 10冊 90日
学外:学外で研究職ではない者 3冊 14日
単位互換学生 3冊 14日
放送大学学生 3冊 14日

なお、図書室長が特別に許可した者には、(E) のいずれかの資格が与えられる。また、貸出期間は一回のみ延長できる。

5.3. 貸出しを受けた者の責任
  1. (1) 貸出しを受けた者は図書を返却するまで責任を負う。  
  2. (2) 貸出図書を他者に転貸してはならない。  
  3. (3) 貸出図書の忘失、汚損等の事故があったときは、弁償の責務を負う。
5.4. 貸出図書の返却
  1. (1) 貸出しを受けた者は、貸出図書を期間内に返却しなければならない。  
  2. (2) 貸出しを受ける資格を失ったときは、直ちに返却しなければならない。
  3. (3) 図書室長が必要と認めた場合は、貸出期間中であっても、貸出図書の返却を求めることがある。
5.5. 貸出停止
  1. (1) 貸出図書の返却を延滞している者は、貸出の冊数が限度内であっても、新たな貸出を停止する。
  2. (2) 14日以上貸出期間を超えて返却したときは次の貸出を2週間停止する。

6. 資料の複写

コピーは著作権法の範囲内で行わなければならい。

  1. (1) 目的は調査資料に限る。
  2. (2) 範囲は著作物の一部に限る。
  3. (3) 部数は1人につき1部とする。
  4. (4) 再コピー、再配布は禁じる。

7. その他

本規則に定めのない事項については、「本学附属図書館工学分館利用規則(PDFファイル:別ウィンドウで開きます)」等を準用し、図書室長が状況に応じて判断する。本規則は、平成24年5月1日より施行する。


ページの先頭へ戻る
Copyright (c) Division of Mathematics. Graduate School of Information Sciences. Tohoku University. All Rights Reserved,